赤ちゃんの便秘トラブル|お通じを良くしてあげる

食事やマッサージで改善を

赤ちゃん

産まれたばかりの赤ちゃんは、一日に何回もうんちをします。ですが、生後数ヶ月たつと排便リズムが変わり毎日何度も出るわけではなくなってきます。一日に何回も出ていたのに数日出なくなると便秘になったのでは、と心配になる人もいるかもしれませんが、心配いらない場合もあることを知っておくとよいでしょう。毎日ではなくても数日に一回程度、定期的に排便があり、赤ちゃん自身も機嫌よく、うんちの状態も悪くなく、母乳やミルク、食事などもきちんと摂取できるようならそれは便秘ではなく排便リズムの変化である可能性が高いです。この場合は心配いりません。お腹の中にうんちをためてまとめて排泄できるようになったということなので、様子を見て大丈夫です。

水分が不足していたり、離乳食が始まり腸内環境が変化したりすると赤ちゃんは便秘になりやすいという特徴があります。赤ちゃんの便秘は、水分をとらせること、離乳食開始以降なら離乳食の内容を工夫すること、お腹のマッサージをすること、運動させてあげることなどで解消可能なことが多いです。離乳食が始まっていたら、水分量をやや多めにした内容にするとか、さつまいもやバナナ、ヨーグルトなどをあげると改善することがあります。また、お腹をのの字にマッサージしてあげるのも効果的です。お風呂上がりやおむつ替えのときなどにしてあげるとよいでしょう。それでも改善しなければ、綿棒でお尻の穴を刺激するという方法や、医師に相談して赤ちゃんにも与えられるような薬を処方してもらうのもおすすめです。

乳幼児の便の状態

赤ちゃんグッズ

人の便の状態は、食べた物によって左右されます。そのことは赤ちゃんも同じです。赤ちゃんが便秘するのは、食事の内容によって、腸内の細菌のバランスができあがり、その結果でもあるのです。乳幼児の便秘を解消するためには、薬よりも野菜やヨーグルト、こまめな水分補給の方が大事です。

詳しく読む

子どもの悩み解消

女性

赤ちゃんの便秘に悩まされる親が多く、困るケースがある。家庭で行う方法として赤ちゃんの排便を促すためには、おへそマッサージや綿棒浣腸などがある。また、オリゴ糖を溶かした水を飲ませることで排便が促されるケースもある。

詳しく読む

乳幼児のお通じトラブル

WOMAN

便秘は、赤ちゃんが何日も便が出なかったり、硬かったりする状態が続くことをいいます。水分をたくさん摂ることで解消される場合がありますが、室温や厚着をしてないかなどの外部環境を見直すことも大切であり、必要以上の水分を出さないようにすると効果的です。

詳しく読む