赤ちゃんの便秘トラブル|お通じを良くしてあげる

子どもの悩み解消

女性

赤ちゃんの中には、便秘で悩まされる子も多くなっている。通常、赤ちゃんは新陳代謝がよく、便の回数が多いということが通常となっている。しかし、赤ちゃんの中には便の回数が少なく、それにより親が便秘であることを悩むケースがあるだろう。この赤ちゃんの便秘対策としてあるのが、おへそのマッサージや綿棒による浣腸などの方法である。この場合、特にものを購入する必要が無く、自宅で簡単にできるところが良い。特に生まれて間もない赤ちゃんの場合には、これらの方法は有効とされている。その他の方法としては、オリゴ糖を飲ませるという方法もある。オリゴ糖を水に溶かして飲ませることで、便が柔らかくなり排便しやすくなることがある。

赤ちゃんの便秘解消について、綿棒浣腸や通常の浣腸を購入して使用する場合、それがクセになってしまうこともあり得る。すると赤ちゃんによっては排便リズムが整わず、浣腸などを行わないと排便してくれない状況になる可能性があるため、その点には注意が必要になる。それから赤ちゃんは、毎日排便しなくても便秘ではないということもある。赤ちゃんにより、1日に何回も排便する赤ちゃんもいれば、3日に1回程度しか排便しない子もいる。そのため、これらの特性を見極めたうえで排便を促す処置を行ってあげることが重要になる。しかし家庭での処置で排便がされず、1週間など長期に渡り排便しない場合には病院に行くなどの対処も必要になる。